弁護士費用について

法律相談料

30分ごとに5,000円(+消費税)~ ※ただし、債務整理の場合は初回無料。

受任させていただく場合

法律相談料イメージ1

法律相談時に、依頼者様それぞれのご事情に併せて、個別にご相談に応じさせていただきますが、通常、弁護士費用として、ご依頼時に「着手金」、事件解決時に「報酬金」をいただいております。
「着手金」とは、事件をご依頼いただいた段階で発生する費用のことです。「着手金」の決め方は、請求金額や係争物の価格を基準とし、事件の難易度に応じて増減額させていただくことがあります。
「報酬金」とは、事件が解決し一定の成果が得られた場合に発生する費用のことです。得られた成果のことを経済的利益といい、「報酬金」は、この経済的利益の額に応じて、決められた割合を基準に算出します。ただし、これも事件の難易度に応じて増減額させていただくことがあります。

新百合ヶ丘総合法律事務所報酬基準(抄)

※当基準に定める額に、別途消費税相当額が加算されます。

訴訟・民事家事調停・示談交渉・仲裁センターの着手金と報酬金

着手金最低10万円

経済的利益 着手金 報酬金
(1)~300万円 8% 16%
(2)300万円超~3000万円 5%+9万円 10%+18万円
(3)3000万円超~3億円 3%+69万円 6%+138万円
(4)3億円超 2%+369万円 4%+738万円

依頼時に着手金、解決時に報酬金として、それぞれ上記金額を受けます。
上記は事件の経済的利益から算定します。
事件の内容により、30%の範囲内で増減することがあります。

離婚事件の着手金と報酬金

調停又は交渉 それぞれ30万円~50万円
訴訟事件 40万円~60万円

交渉から調停、調停から訴訟へ移行するときの着手金は、弁護士にお尋ねください。
金銭的請求を併せてするときの着手金と報酬金は、別の計算になります。

借地非訟事件(着手金)

借地権の額5000万円以下 30万円~50万円
5000万円超 0.5%+(5万円~25万円)

(報酬金は弁護士にお尋ねください。)

法律関係調査料

基本 5万円~20万円

内容証明郵便作成料

基本 3万円~5万円

遺言書作成料

定型 20万円
公正証書にする場合 +3万円

(非定型の遺言書の作成料は、弁護士にお尋ねください。)

契約書類作成料(定型)

経済的利益 1000万円未満 1000万円~1億円未満 1億円以上
10万円 20万円 30万円以上

(非定型の契約書類の作成料は、弁護士にお尋ねください。)

遺言執行手数料(基本)

(1)経済的利益 ~300万円 30万円 (2)300万円超~3000万円 2%+24万円
(3)3000万円超~3億円 1%+54万円 (4)3億円超 0.5%+204万円

刑事事件の着手金と報酬金

(1)事案簡明な事件

内容 着手金 結果 報酬金
起訴前 30万円~50万円 不起訴 30万円~50万円
求略式命令 上記額を超えない額
起訴後 30万円~50万円 刑の執行猶予 30万円~50万円
求刑された刑が軽減 上記額を超えない額

(2)上記以外の事件

内容 着手金 結果 報酬金
起訴前 50万円~ 不起訴 50万円~
求略式命令 50万円~
起訴後
(再審事件を含む)
50万円~ 無罪 60万円~
刑の執行猶予 50万円~
求刑された刑が軽減 軽減の程度による相当額
検察官上訴棄却 50万円~

少年事件の着手金と報酬金

(1)着手金

内容 着手金
家庭裁判所送致前及び送致後 それぞれ30万円~50万円
抗告、再抗告及び保護処分の取消 それぞれ30万円~50万円

(2)報酬金

結果 報酬金
非行事実なしに基づく審判不開始又は不処分 30万円~
その他 30万円~50万円

日当・実費・顧問料等

日当 半日3万円~5万円、1日5万円~10万円
実費 印紙・切手代、コピー代、交通費、通信費等
顧問料(月額) 事業者 3万円以上、非事業者 1万円以上

なお、契約締結交渉、督促手続、手形小切手訴訟、仮差押仮処分、保全執行、民事執行、倒産整理、任意整理、自己破産、民事再生、行政上の不服申立、証拠保全、即決和解、公示催告、家事審判、成年後見等の申立て、会社設立、登記登録、自賠責請求、保釈、告訴、告発などの費用、その他詳細は、弁護士にお尋ねください。

  • インタビュー
  • ご相談の流れ
  • よくある法律相談 Q&A

アクセス

アクセスマップ

新百合ヶ丘総合法律事務所

〒215-0021
神奈川県川崎市麻生区上麻生1-6-1
かわしん新百合丘ビル4階
TEL:044-455-4580 FAX:044-455-4581

[最寄り駅]

小田急線「新百合ヶ丘駅」南口徒歩3分。